株式会社エネテク

高圧受電設備から一般電気工事、新エネルギー設備まで
総合電気設備工事・保安管理なら株式会社エネテク

STAFF BLOGスタッフブログ

ブログ記事一覧

水銀条約をご存知ですか? 水銀規制を機に進むLED化

2017-06-27

 

水銀条約チラシ-2

 

2021年以降、水銀ランプの製造・輸入・輸出が禁止になります。

 

2013年10月に採択された水俣条約により、水銀を使用した製品の製造が規制されるため、工場や倉庫、街路灯などに使用されている、一般形水銀ランプや蛍光ランプが入手困難となります。

 

高圧水銀(蒸気)放電ランプ(HPMV)もその1つです。

高圧水銀ランプは、広場や公園、商店街などの照明、道路照明、スポーツ施設照明、工場照明、ライトアップなど高照度が必要な場所に広く使用されています。

 

今回の規制では高圧水銀ランプの販売や使用そのものは禁止となりません。設置した高圧水銀ランプを使い続けている場合や、在庫製品の売買については違反とならないため、2020年になるとすぐに高圧水銀ランプが姿を消すというわけではありません。

 

しかし、この動きを機に一気に進んでいるのがLED化です。

 

LEDの利点

①LED照明を利用すると高圧水銀ランプに比べて、消費電力を3分の1から4分の1程度に削減できる

②長寿命で交換サイクルが長いためランニングコストを大きく削減できる

③電子制御が可能であるため、調光や調色、ゾーンコントロールなどを容易に行える

④必要のない明るさを随時抑えることで、さらに電力使用量を下げることが可能になる

 

 

弊社では、店舗、倉庫、街路灯などの交換実績が多数ございます。

また、省エネをご検討されている企業様に電気設備・空調設備の改善提案をさせていただいております。

補助金の活用などで導入のお手伝いをさせていただきますので、ご検討の際は弊社をご用命ください。

 

新築保育園の太陽光設置工事

2017-06-26

 

CIMG7782  CIMG7803

 

現在新築で工事中の某保育園に太陽光発電システムの設置工事を行いました。

 

新築工事中のため他業者と工程が重ならないように何度も打ち合せを行い、無事に工事日を迎えることができました。しかし、施工日当日は天候不良で順延となり、予定していた工程が一週間も延びたことで工程の組み直しが・・・。

 

そんな中でも、常に対応できる体制を施工管理が組んでくれているため、手を休める日は無く工程通りに終わらせるよう現場でも努力しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

他業者の職人さんとも仲良くさせていただき、現場もスムーズに終わらせることができました。

引き渡しまで、もうしばらく期間がありますが、今から楽しみで仕方ありません。

 

これからも常に150%、200%の仕事でお客様に喜んでいただける施工をしていきます!

 

太陽光発電システムの設計・施工・メンテナンスは弊社へお任せください!!

 

高圧受変電設備更新工事の現地調査

2017-06-23

 

昨日、お客様からの見積依頼を受け、高圧受変電設備更新工事の現地調査に行ってきました。

 

竣工から31年が経過しており、キュービクル式受電設備の外箱も発錆で一部腐食してました。

 

IMGP0347      IMGP0419

 

 

ベタ基礎のため、低圧ケーブルの立上りの寸法をしっかり採寸しておかないと、あとでいろいろ大変なことに・・・・。

 

IMGP0464    IMGP0468    IMGP0447

 

 

話は変わりますが、変圧器、コンデンサには絶縁油が入っており低濃度PCBが含有している場合は、環境大臣が個別に認定する事業者及び都道府県市の長から処分業許可を得た事業者しか処理出来ません。

 

変圧器、コンデンサの処理にお困りの方は、エネテクにご相談下さい!

工場兼住宅の電気工事

2017-06-22

 

RIMG4970 6.22  RIMG4967 6.22

 

 

現在、名古屋市某所で工場兼住宅の電気工事をしております。

 

1F、2Fは工場になり、1Fの照明器具を取り付ける為のレースウェイと配線用のケーブルラックの吊り作業が大体終わりました。

明日からは2Fのレースウェイとケーブルラックの吊り作業、3Fの住宅フロアの配線になります。

 

1F、2Fの吊り作業、3Fの配線が終わると、照明の配線・コンセントの配線・動力の配線・高圧の配線などなど・・・。

まだまだこれからが大変ですね。お客様にも満足していただけるよう頑張ります!

 

これからは暑さも厳しくなっていきますので、みなさん体調を壊さないよう気を付けましょう。

 

電気・空調設備工事はエネテクへお任せください!

 

 

住宅用太陽光 パワコン故障

2017-06-21

 DSCF5945 DSCF5946

 

先日、住宅用太陽光のパワコンが故障したとの連絡があり現地調査に伺いました。

 

太陽光を設置してから10年経過するお宅が増え、そろそろ保証が切れる頃でもあることから、故障対応の問い合わせが急増しています!

 

現地に到着し施工状況を確認してみると、パワコンが地面を這うように設置されていたり、ケーブルは本来使用しないケーブルが使用されていてるなど、施工不良や部材の選定ミスが多く見つかりました。

 

お客様にその旨をお伝えし、ケーブルとパワコンの交換、パワコン設置位置変更をさせて頂くことになりました。

 

ケーブルの選定は種類、太さを間違えると最悪の場合は“火災”につながる恐れがあります。

 

弊社の太陽光メンテナンスは、安全第一で太陽光の健全性と発電性能も確認させて頂いておりますので、少しでも不安に思う事がありましたらエネテクにご相談ください!!

 

太陽光設置工事

2017-06-20

先日、茨城県某所にて低圧の産業用太陽光発電設備設置工事のご依頼をいただきました。

 

 パネル① DSCN2083

 

現場は周辺を田畑に囲まれてた場所で、地中には田畑用の水道配管が通っています。配管の老朽化で元々配管にいくつか穴が空いており補強がされていました。

 

そんな中、引込線の構内柱を建てた際、水漏れするトラブルはありましたが、無事にお客様がご要望された工期で完工することができました。

 

PCS② 20170620_04_01

 

今回の工事内容は、隅出し~杭打ち~パネル設置~電気工事という工程でしたが、仕上がりをお客様に確認いただき、ご満足いただけました。

 

残工事は、フェンス設置のみとなります。

 

 

 

ここで気を抜かずに最後まで最高品質の施工を提供し、お客様にご満足いただけるよう取り組みます。

 

関東エリアでもアパート屋根の太陽光から、低圧・高圧野立て太陽光設置工事も対応しております。

太陽光発電システムのことならエネテクまで、お気軽にご相談ください!

 

防草シートで土砂流出対策

2017-06-19

IMG_1905 IMG_1902

 

兵庫県宍粟市で5月から太陽光の設置を行ないました。

 

施工前は木が生い茂り小さな倉庫が建っていましたが、施主様が地元の業者に造成・整地を依頼し、きれいな更地になりました。

 

ところが、以前に現地調査を行なった時よりも1mほど地表が高くなっていました。 確認をしたところ、整地の際に新たに土を盛ったというのです。エネテクが使う太陽光架台の杭は、「スクリュー杭」を用いているので施工面ではやり易くなりましたが、法面(写真の斜面部分)は盛った土が軟らかく雨が降れば公道に流れ出てしまう問題が新たに発生しました。

 

そこで、今回は防草対策と土砂の流出を防ぐというW効果を期待して防草シートを張ってみました。

 

効果はまずまずで、シートが雨をうまく吸収して土砂の流れをくいとめてくれてます。 道路が汚れないということで、地元の方にも納得して頂けると思います。また、これからの季節は雑草もかなり生えるので、雑草対策しながら景観も損なうことがありません。

一見すると単なる防草シートですが、お客様の利益(今回は地元との共存)を考えた作業となりました。

 

エネテクでは、ただ単に太陽光を設置するだけではなく、お客様の視点に立って100%で終わりではなく、150%は当たり前、200%の努力でお客様に驚きのあるサービスを提供します。

 

太陽光は「エネテク」へお任せください!

 

照明器具設置工事

2017-06-16

IMG_1660

 

先日、名古屋市某ドラッグストア様から、店先にテントを設置するので、そこへ照明器具を取り付けてほしいとのご依頼をいただきました。

 

テントは建物外部に設置するため、万が一テントから漏水した場合を考えて、防水用の照明器具をご提案させていただきました。

 

ご依頼頂いた日にお見積を出し、メーカーに手配をかけ、2日後に施工をさせていただいたところ、”エネテクさんは、いつもすぐ対応してくれて助かる!”と、お礼の言葉を頂きました。

 

エネテクは、常に迅速な対応ができるように体制を整えています。

 

電気設備工事のことは、プロのエネテクにお任せください!!

 

太陽光発電業界専門誌をご存知ですか!?

2017-06-15

太陽光発電に関する専門誌がいくつかあるのをご存知でしたか?

 

PVeye017表紙1-4.indd PVeye1-2 ソーラージャーナル3

 

PVeye(ピーヴィアイ) 発行:ヴィズオンプレス株式会社

SOLAR JOURNAL(ソーラージャーナル) 発行:株式会社アクセスインターナショナル

 上記2社は、太陽光発電業者も購読しているしているほど専門的な情報が満載されています。

 

PVeye 2017年5月号(Vol.62)の企画記事に当社もO&M(保守点検業者)として社名が掲載されています。

全国には数多くの保守点検業者がいますが、掲載されていたのは代表される29社で、これからの保守点検事業を担っていく業者ばかりです。

 

メンテナンスとは、正常な状態を維持できるように手入れすること。修理(事後保全)・メンテナンス(定期保全)・予防保全(予知保全)と3つに分類され、どれか一つでも欠けたら正常な状態を維持することはできません。

 

つまり、測定しただけではメンテナンスとは言えないんです!

 

検査結果次第でどう対処していくかを考え・実施していかなければなりません。

メンテナンスの内容は契約前にしっかりと確認しましょう!

 

長期の安定した稼働は”太陽光発電のメンテナンス・保安管理”ができる当社へお任せください!!

 

遠隔監視システムとメンテナンスの必要性

2017-06-14

今回は、愛媛県某市に低圧発電所を数カ所所有する新規のお客様のメンテナンスに伺いました。

 

 

エラー表示

 

☝ まず驚いたのが、低圧1区画目(50kW)発電所の5基あるパワコンのうちの2台が停止していたことです!

 発電所全体の約40%が機能していませんでした。

 

エラー履歴を見ると、昨年12月の連系日から動いてませんでしたので、半年もの間停止していたことになります。

 

笑い話のような話ですが、遠隔監視システムが無い発電所ではよくある事象です。

 

 

IMG_1012 (3) パワコンファン外部 ファン内部

 

また、他区画発電所は、写真を見てお分かりのように雑草が伸び放題で、パワコン付近にツルが伸びていました。外観からは大したことはないと思っても、中を開けてみるとパワコンの中にまでツルが入り込んでいたため、もう少しでファンが止まってしまう状態でした。

 

今日ほど「遠隔監視システムと定期メンテナンスの必要性」を感じた日はありません。

 

当社では、メンテナンス・遠隔監視に力を入れおり、数多く対応しております。問題点や疑問点などお気軽にお問い合わせください。

 

1 / 1712345...10...最後 »
ページトップに戻る PAGETOP