BLOG

ブログ

ドローン点検

2018.02.19 再生可能エネルギー事業

ドローン点検で、三重県の某所へ行ってまいりました。

周りには山というより森がある地域で、上空に鳥が目視で確認出来る中、通常通りにドローン操縦士が上空35mまでドローンを上昇させて、

待機している状態での出来事です。

 

かなり大型の鳥が一羽飛んでいるな、と確認していましたが、パネルの位置を確認しつつ、次に上空のドローンを見上げたところ、いつの間にか大型の鳥(おそらくトンビ)が3〜4羽旋回している状態で、危険を感じすぐに降下指示を出して事なきを得ました。

おそらく威嚇していたのだと思います。あまりに短時間での出来事だったので、写真などは撮って

いる余裕もなかったですが、お客様に迷惑をかけるような事態にならなくてホッとしました。

今後の危険予知訓練にいかしたいと思います!