LPガス+太陽光ハイブリッド発電システム「EGGS(エッグス)」

エネテクの省エネ&BCP対策ソリューション

止めてはいけないモノ・コトがある。

年々脅威を増す自然災害、その影響による長期間の停電が人々の生活、事業の継続などを脅かします。
昨今、企業に求められるBCP対策の中で【非常時の電源確保】という点で頼りになる
「LPガス発電機」と、太陽光発電設備を組み合わせて商品化したのが「EGGS」です。

自然災害が引き起こす大規模停電

異常気象や自然災害が激しさと頻度を増している昨今、世界的に見て停電が少ない国と言われている日本でも、長期にわたる大規模停電が起こっており、激甚化する自然災害の前では過去のデータは通用しないと言えます。

数時間の停電であれば、一般生活者にとっては大きな被害ではないのかもしれませんが、企業にとっては大問題となる場合もあります。
ましてやそれが何日も続くとしたら?そういったケースへの対応までできている企業はまだ少ないのではないでしょうか。

企業に求められるBCP対策

こういった災害の影響もあり『BCP(事業継続計画)』という言葉を耳にする機会が増えていませんか?

BCPとは文字通り、企業等が自然災害やテロなどの緊急時においても中核となる事業の継続、または早期復旧を可能とするために事前に準備しておくべき事項や対応などを定めた計画のこと。
今、企業にはこのBCPが求められているのです。
長期化する停電への対応策もその一つ。企業では経済活動の停止、また病院や介護施設等においては人命に関わる問題に発展する危険性もあるわけです。

 

太陽光発電設備も電源確保の一つの策だが…

災害による停電時には「太陽光発電所から電気を供給した」という話も聞かれました。
ただ、太陽光発電は日没後は発電することができません。

また、一方で「電源車や電気自動車、PHVやFCVなどが被災地で活躍した」といったニュースも聞かれました。
日産のリーフの蓄電池の容量は60kWh以上で、一般家庭なら2~4日分の電気を供給することも可能です。

しかし事業用で3日以上となると、さらに大きな容量が求められます。
蓄電池に関しては補助金なども設定されていますが導入コストはまだまだ高いのが現状です。
それでもBCP対策が必要だと、弊社でも蓄電池や自家消費型太陽光発電設備+蓄電池に関するお問い合わせが増えています。

ただ、企業様からBCP対策として蓄電池をとお話をいただき、ご提案させていただくと、

これ(金額が)一桁違いませんか?

と驚かれることも少なくなく、
またコスト面がネックとなり、導入が見送られたり、容量の小さな蓄電池に変更となるケースが多いのも事実です。

 

 災害対応力で注目した「LPガス発電機」

コストの問題を解決しようと注目したのが燃料式の「発電機」です。
燃料を備蓄しておけばインフラに依存せず、発電することができます。

事業用の大型発電機となるとまず思い浮かぶのが軽油(ディーゼル)の発電機ではないでしょうか?
実際、ビルや商業施設など非常用発電機の9割以上はディーゼルの発電機です。
ただ、災害時にそれらが動かなかったというケースもあったようです。
そこで「LPガス発電機」が候補として浮上してきました。

この表から分かるように、比較すると様々な面でLPガスに軍配が上がります。
特に非常用電源としては、燃料の劣化が無く、いざという時に確実に稼働することは重要なポイントです。

《LPガス発電機が非常用電源として有効なポイント》
入手が容易な燃料 
長時間運転が可能 
長期備蓄が可能で劣化しない燃料

LPガス発電機には400kVAといった大容量発電機もあり、長期間の停電時でも通常通り事業を行うことが可能になるのです。
コスト面でも大容量の蓄電池と比較するとかなりお安いというか導入しやすい価格であり、補助金の交付を受けられる場合もありますから、さらにイニシャルコストを下げることが可能です。

エネテクでは企業様のBCP対策ニーズにお応えするために、このLPガス発電機と自家消費型の太陽光発電設備、蓄電池を組み合わせて制御するハイブリッド発電システム「EGGS]を商品化しました。

 

3種の電源の特徴を踏まえた設計・制御

EGGSのベースとなるのはLPガス発電機、太陽光発電設備、蓄電池の3つの電源。
非常時に必要な電源を確保することを第一に、各電源の特性を踏まえた設計、制御を行います。

コストや設置場所の制限が全くなければ、大容量の蓄電池を導入すればよいという考え方もできますが、前述のように現状は蓄電池のコストが高く、現実的ではありません。
導入にあたっては、設置場所や導入費用、また必要な電力量などを踏まえた設計が必要です。
それぞれは単純な発電・蓄電設備ですが、これらの特性を活かした制御がポイントとなるこのシステムは、発電・電気設備を熟知した弊社の技術・ノウハウがあってこそ実現できるハイブリッドシステムなのです。

本システムは非常用電源(BCP対策)としてだけでなく、ピークカット(コストダウン)にも活用できます。
また、ディーゼル発電機等を組み合わせた制御などフレキシブルな設計・運用も可能です。

 

投資回収ができる非常用電源という考え方

EGGSが非常用電源として有効であるだけでなく、太陽光発電=再生可能エネルギーを自社で使用することによるコストダウン、CSRも期待できます。
さらに、LPガス発電機を通常時、使用電力のピーク時に起動させる制御を行うことで、ピークカットによるコストダウンを図ることも可能です。
また、自家消費型太陽光発電設備や蓄電池、LPガス発電機に関しては補助金を利用できる場合もあり、導入費用を10年以内に回収できるケースもあります。

EGGSは非常用の電源を確保しながら、さらにはコストダウンによって投資回収ができる設備なのです。

 


激化する世界的な気候変動、日本でも台風をはじめ自然災害による被害が甚大化し、人々の生命や生活を脅かす事態となっています。
エネテクでは培ってきた技術やノウハウを活かして、太陽光発電設備、LPガス発電機、蓄電池など複数の電源を制御し、大規模停電時に電力を停めることなく供給できるシステムを構築させていただきます。

問い合わせボタン