1. HOME
  2. お知らせ
  3. 「ソラパト」が使用済み太陽光パネルの診断サービスを全国展開します

NEWS

お知らせ

お知らせ

「ソラパト」が使用済み太陽光パネルの診断サービスを全国展開します

使用済み太陽光パネルの診断サービスを全国展開

太陽光パネルのリユースで未電化地域への電力供給を目指す

この度、エネテクは、太陽光発電設備のメンテナンス事業「ソラパト」で培ったノウハウとネットワークを活用し、発電量の低下や、自然災害などで故障、破損した太陽光パネルを診断し、リユースやリサイクルなど適正に活用するサービスを開始します。

太陽光発電を真に環境に優しいエネルギーとするために

太陽光パネルの耐用年数は20~30 年程度と言われていますが、不具合や自然災害による破損などにより破棄されるケースがあります。また、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT) 導入により急速に拡大した太陽光発電設備から、近い将来に大量の太陽光パネルが処分されることが予想されており社会問題になることも危惧されます。

有害物質が含まれていることもある太陽光パネルが処分に困って放置されたり、有害物として埋め立てられてしまうのが最終形であっては、環境に優しいエネルギーとは言えません。
そこで、エネテクでは太陽光O&M「ソラパト」で培ったノウハウで使用済み太陽光パネルを診断を行い、リユースできるものとリサイクルするものを選別して有効活用する「診断サービス」に取り組みます。
この取り組みが、太陽光発電を真に環境に優しいエネルギーとし、循環型社会を実現するための一助となることを目指します。

高いリサイクル技術と多数のリユース実績を有する株式会社浜田と提携

太陽光パネルのリユース、リサイクルにおいては、既に多くの実績を持つ「株式会社浜田」と提携します。
ホットナイフを用いた工法によりガラスと金属を分離するなど、株式会社浜田の優れたリサイクル技術により環境負荷を軽減します。

リユースパネルは国内の自家消費に、将来は無電化地域への供給も視野に

リユースパネルはソラパトの検査技術で発電の性能を評価し、当面は国内の自家消費型太陽光発電への活用を見込んでいます。
省エネ、CO2 削減に有効な自家消費型太陽光発電の導入ネックとなるイニシャルコストをリユースパネルにより軽減します。
また、将来的にはアフリカなどの未電化地域への供給、現地での発電所建設などに取り組むことも計画しています。

SDGs の取り組み強化として

エネテクはエネテクホールディングスグループの一員としてSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。
今回の使用済みパネルの診断サービスは「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「つくる責任つかう責任」という目標に対しての取り組みを強化するもので、今後、具体的な数値目標も設定し、その実現に向けて取り組みます。

ニュースリリース(PDF)はこちら

最新記事

問い合わせボタン