1. HOME
  2. ブログ
  3. BCP対策
  4. エアロシールド導入の補助金(医療機関・薬局等)について

BLOG

ブログ

BCP対策

エアロシールド導入の補助金(医療機関・薬局等)について

いつもエネテクブログをご覧いただきありがとうございます。
営業推進部の杉島です。

新型コロナウィルス感染症対策として、弊社が販売・工事を行っている紫外線照射装置「エアロシールド」へのお問合せが増えています。

お問合せは様々な業種の方からいただいているのですが、厚生労働省より医療機関や薬局の感染拡大防止策に対しての支援が行われていますので(対象となる皆様はすでにご存じかも知れませんが)ここで簡単にご紹介させていただきます。

医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援

厚生労働省の事業概要には以下のように内容が記載されています。

新型コロナ疑い患者とその他の患者が混在しない動線確保など院内での感染拡大を防ぐための取組を行う医療機関・薬局等について、感染拡大防止対策等に要する費用の補助を行う。
(厚生労働省HPより)

申請期間は
令和2 年 4 月~ 令和 3 年 3 月 31日
となっており、
既に支払った費用も、 認められば精算交付申請として申請可能
補助率は10/10(=全額)
とされています。

補助額とエアロシールド導入台数の目安

補助率は10/10ではありますが、補助額は施設の種類や規模により上限が設けられていて、その金額と、エアロシールドを導入できる台数の目安は以下の通りです。


これまでも様々な対策を行っていらっしゃると思いますので「全ての補助金を新たな設備に」ということはないのかもしれませんが、もし活用いただけるのでしたら、ぜひご検討いただければと思います。
※エアロシールドの価格は「オープン価格」です。上記の台数は目安とお考え下さい。

 

エアロシールドの導入メリット

医療機関ですと以下のようなメリットが考えられます。
医師、職員、患者の感染リスクとウィルスからの恐怖低減
空気感染対策によるBCP対策の実現
菌由来の匂いの減少(トイレなど)
メンテナンスフリーで、手間いらず
欠勤減少による業務効率UP!

 

その他業種でも補助が受けられる場合も

医療関係以外の業種でも、日本商工会議所の「小規模事業者持続化補助金」などを利用できる場合もございます。

また、補助金の申請というと、かなり面倒な手続きを要するイメージをお持ちかも知れませんが、上に挙げた新型コロナに関する事業は、手続きが従来の事業に比べ簡素化されています。
ですので、エアロシールド以外でも新型コロナ対策を行われた(行われる)場合は、補助金をご活用いただければと思います。

エネテクはエアロシールドの販売・工事を通じて人々が安心して生活できる環境づくりに貢献していきたいと考えています。

エアロシールドに関するお問合せはこちらからどうぞ
エアロシールドに関するお問合せはこちら

関連記事

問い合わせボタン