空気を“殺菌”する「エアロシールド」

UVGI方式を採用した本格的な空気殺菌装置

お客様・患者様・従業員を守るために

マスクやアルコール消毒なども、もちろん重要です。
さらに、空気中に浮遊するウィルスや細菌による空気感染対策として
紫外線殺菌照射装置「エアロシールド」をおススメします。

エアロシールドをおススメする理由

①人がいる空間でも安全に空気殺菌※1
②24時間稼働でも、電気代1日約7.6円の低ランニングコスト
③フィルターレスで日常の点検・交換作業不要
④ランプ交換などサポートも万全
※1:高さ2.1m以上に設置

実証試験で証明された実用性

浮遊菌が89.6%減少
「エアロシールド」は第三者研究機関の実証試験※2において「実空間における浮遊菌減少が89.6%」と結果を得ています。
この試験は試験用ボックスではなく実際に人が生活する広さの空間で行なわれており、実用性も証明されています。
※2:検査機関:株式会社ビー・エム・エル 検査内容:エアロシールドUKP18浮遊細菌効果テスト

 

豊富な実績

人が集まる空間は、どこよりもまず空気環境対策が意識される場です。医療施設(病院、クリニック)、調剤薬局、研究施設、検査施設、介護施設、保育園、幼稚園、食品加工場、調理場(給食センター)、店舗、公共施設、宿泊施設(ホテル)、事業所など全国各所へ導入されています。

様々な施設で高く評価され、評判も上々です。

 

安心してお使いいただけるエアロシールドの空気環境対策

「エアロシールド」は第三者研究機関の実証試験により、「実空間における浮遊菌減少が89.6%」と結果を得ています。
この試験は試験用ボックスではなく実際に人が生活する広さの空間で行なわれており、実用性も証明されています。
また、医療機関をはじめ様々なお客様の施設においても実証試験を行い、同様の浮遊菌減少の結果が得られています。

取付工事は短時間で完了でき、また工事スタッフは万全の感染対策で臨みます。

 

人がいる空間でも安全に空気殺菌

エアロシールドは特殊なルーバー(仕切り板)構造による紫外線の水平照射を実現しており、天井付近に紫外線ゾーンを形成します。
人が生活する空間に影響を及ぼすことなく24時間使用できます。
また設置やメンテナンスの際にはJIS規格に基づいた適正な基準を設け、紫外線を測定し安全管理を徹底しています。

殺菌と除菌はどう違う?

テレビCMやドラッグストア、家電店に行っても「除菌」「抗菌」「殺菌」など様々な言葉が使われていて、それがどれだか分からないなんてことありませんか?
ここで、その言葉の意味を簡単に説明しておきます。


まず、菌を抑制するという大きな概念として「抗菌」という言葉がありますが、これは学術的な用語であり、よく耳にする「抗菌」は“菌を増やさない”という意味で使われています。

「殺菌」は文字どおり「菌を殺すこと」です。
その中で“あらゆる菌を殺菌する”のが「滅菌」。最強の「殺菌」とも言え、病院での手術器具や注射には滅菌が必要とされます。
「消毒」は菌を減らすのですが、すべてを殺滅したり除去するものではありません。

「除菌」や「抗菌」は“菌を殺す”ことはせず、増やさなかったり、取り除いたりということなのです。

 

エアロシールドの価格・商品仕様

エアロシールドの価格はオープン価格です。格安販売、激安販売、値引きは行っておりません。

何かが起きてから対策を取るのではなく、事前の対策をとることが重要です。

エネテクはエアロシールドの販売・工事を通じて人々が安心して生活できる環境づくりに貢献していきたいと考えています。

問い合わせボタン